不動産を購入する前に知っておきたいこと|税金のことは税理士に相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲介と買取の流れ

レディー

査定から売却まで

マンションの査定から売却までの流れは、「仲介」か「買取」かで違います。仲介とは、仲介会社と媒介契約を交わして、一般の購入希望者を探すことです。仲介の場合は、最初にインターネットや電話でマンション査定をします。沢山の仲介会社の査定額が知りたいなら、ネットの一括査定サイトが便利です。マンション査定をしたあとに、仲介会社と媒介契約を交わします。依頼を受けた仲介会社は、ネットや情報誌等に広告を出し、購入希望者を探してくれます。大きな仲介会社なら独自の広告媒体や販売ルートを持っているので、売却もスムーズです。売却前に購入希望者による現地見学があり、その後価格交渉をして売買が成立します。売買契約が成立した際には、成約金額の3%程度の仲介手数料を仲介会社に支払うのが一般的です。仲介よりも簡単なのが買取です。買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらうことを言います。その場合も最初にマンション査定をして、査定額を調べる必要があります。仲介の場合、マンション査定で分かるのは、あくまでも売り出すときの価格です。そのため、高すぎると売れないリスクがあります。しかし、買取の場合は、マンション査定で提示された金額がそのまま買取価格になります。沢山マンション査定をしてみて、高い査定額を出してくれた不動産会社と売買契約を結びます。買取の場合、仲介よりも価格が安くなりますが、短期間で確実に売却できるというメリットがあります。